ハンス・ファナーケン、2年連続のゴールデンシュー受賞

1月15日に、2019年度のHLN主催のベルギーサッカーアワードの「※ゴールデンシュー(Golden Shoe)」が発表され、クルブ・ブルッヘのハンス・ファナーケンが2年連続2回目の受賞になった。


オランダ語は「フーデン・スフーン(Gouden Schoen)」
フランス語は「スリエ・ドール(Soulier d’Or)」

19票差でムボカニを退き、2年連続受賞

昨シーズンは公式戦50試合17ゴール19アシスト、今シーズンは33試合出場で13ゴール3アシストを記録しているファナーケン。194cmの大柄な体格ながらクルブでは不動のトップ下を務める現役ベルギー代表のMFで、卓越したボールテクニック、パワフルなシュート、長身を活かした高さなど、2013年に2部のロメルからロケレン(当時1部)へ移籍して以降、国内屈指のトップ下としてリーグを盛り上げていた。今シーズンは上半期(3位)、下半期(2位)ともに投票はトップになれなかったものの、総投票数で322票を獲得し、2年連続の受賞となった。

2年連続の受賞は、過去には60年代にポール・ファン・ヒムスト、ヴィルフレッド・ファン・モア、80年代にヤン・クーレマンスとベルギーの名選手が受賞。ファナーケンは4人目となった。

投票数

上半期

1 ルスラン・マリノフスキー(ヘンク)※現アタランタ 220
2 レアンドロ・トロサール(ヘンク)※現ブライトン 191
3 ハンス・ファナーケン(クルブ・ブルッヘ) 116
4 アリー・サマッタ(ヘンク) 48
5 サンダー・ベルゲ(ヘンク) 41
6 ディウメルシ・ムボカニ(アントワープ) 32
7 ラズヴァン・マリン(スタンダール)※現アヤックス 25
8 ウェズレイ(クルブ・ブルッヘ)※現アストン・ヴィラ 17
9 ブライアン・ヘイネン(ヘンク) 11
  ヤリ・フェルスハーレン(アンデルレヒト) 11

下半期

1 ディウメルシ・ムボカニ(アントワープ) 271
2 ハンス・ファナーケン(クルブ・ブルッヘ) 206
3 ジョナサン・デイヴィッド(ヘント) 62
4 シモン・ミニョレ(クルブ・ブルッヘ) 56
5 ルート・フォルメル(クルブ・ブルッヘ) 32
6 ディディエ・ランケル・ゼ(アントワープ) 27
7 ナセル・シャドリ(アンデルレヒト) 20
8 クリントン・マタ(クルブ・ブルッヘ) 18
9 ヴァディス・オジジャ(ヘント) 17
10 サンダー・ベルゲ(ヘンク) 10

総合

1 ハンス・ファナーケン(クルブ・ブルッヘ) 322
2 ディウメルシ・ムボカニ(アントワープ) 303
3 ルスラン・マリノフスキー(ヘンク/アタランタ) 220
4 レアンドロ・トロサール(ヘンク/ブライトン) 191
5 ジョナサン・デイヴィッド(ヘント) 62
6 シモン・ミニョレ(クルブ・ブルッヘ) 56
7 サンダー・ベルゲ(ヘンク) 50
8 アリー・サマッタ(ヘンク) 48
9 ルート・フォルメル(クルブ・ブルッヘ) 32
10 ディディエ・ランケル・ゼ(アントワープ) 30

日本人選手では、上半期に伊東純也(ヘンク)に一票投票された。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?