ロケレン2度目の監督交代

2019-01-24

21日、第22節でオイペンに1-4で大敗した、最下位のロケレンは、トロン・ソリード監督の退任を発表し、昨年11月までコルトライクを率いていた、グレン・デ・ブーク氏の監督就任を発表した。


先日のオイペン戦の大敗により、15位ズルテ・ワレヘムとの勝ち点差が6に開いたロケレン。11月からペーテル・マース元監督から引き継いだ、トロン・ソリード監督がロケレンでの10試合で収めた成績は、2勝1分7敗。クルブで2度の優勝を果たし、ベルギーリーグで時代を築き上げた名将が、5年ぶりに監督業に復帰したものの、ロケレンを復調させることができなかった。

火中の栗を拾ったのは、11月にコルトライクの監督を解任されたグレン・デ・ブーク氏。ワースラント・ベヴェレン、ムスクロンなどの下位クラブを歴任し、残留争いの経験も豊富。率いたクラブは残留に導いている実績通りに、デ・ブーク新監督は、絶体絶命のピンチのロケレンの救世主として期待される。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?