2020-2021プロリーグD1A第5節試合結果[3] / シャルルロワ開幕5連勝、ベールスホットは4勝目

2020-09-16

2020-2021ベルギープロリーグD1A第5節の試合結果その3です。

ズルテ・ワレヘム 0-2 シャルルロワ
ゴール
71′ カーヴェ・レザイー(シャルルロワ) 0-1
88′ シャマー・ニコルソン(シャルルロワ) 0-2

開幕4連勝で首位を走るシャルルロワは、ベルギー代表経験者4人を擁するズルテ・ワレヘムと対戦。試合は前半をスコアレスで折り返すと、77分にシャルルロワがショートカウンターで抜け出し、森岡亮太の粘りから、ジャマイカ代表FWシャマー・ニコルソンとつなぎ、最後はイラン代表FWカーヴェ・レザイーのゴールでシャルルロワが先制。88分には森岡亮太の縦パスから抜け出したイタリア人FWフランク・チャジューが頭でつなぐと、最後はニコルソンが2試合連続のゴールとなる2点目を奪い、シャルルロワが2-0で勝利し、首位を堅持した。

シャルルロワの森岡亮太はフル出場。

コルトレイク 3-0 ムスクロン
ゴール
59′ イロンベ・エムボヨ(コルトレイク) 1-0
63′ ジレ・デワーレ(コルトレイク) 2-0
80′ エリック・オカンセイ(コルトレイク) 3-0

現在4位につけているコルトレイクは、最下位に沈むムスクロンとの対戦。両チームのGKはリールから期限付き移籍のヤクベフ(コルトレイク)とコフィ(ムスクロン)の対決となった。試合は両チームとも決定機を演出し、ゴールに迫ったが、33分にムスクロンのMFジュニオール・オナナが一発退場。後半になりコルトレイクが、59分にクリアミスを拾った元ベルギー代表FWイロンベ・エムボヨが、シュートを決めてコルトレイクが先制。63分にはエムボヨのクロスから、右WGのジレ・デワーレのゴールで追加点。試合終了間際ではゴール前の混戦からガーナ人MFエリック・オカンセイが押し込みダメ押し。試合はコルトレイクが3-0で勝利し、今季3勝目。試合終了間際にも2人目の退場者を出したムスクロンは未だ白星なし。

ベールスホット 5-2 ヘンク
ゴール
12′ ラファエル・ホルツハウザー(ベールスホット) 1-0
19′ ポール・オヌアチュ(ヘンク) 1-1
49′ ポール・ブーダン(ベールスホット) 2-1
63′ ラファエル・ホルツハウザー(ベールスホット) 3-1
76′ シリル・デセルス(ヘンク) 3-2
85′ ヤン・ヴォロゴフスキー(ベールスホット) 4-2
90′ マリウス・ヌビシ(ベールスホット) 5-2

前節はスタンダール・リエージュに0-3と完敗を喫したベールスホットは、今シーズンわずか4得点と攻撃陣が奮っていないヘンクとの対戦。

試合は13分にショートカウンターで抜け出したオーストリア人MFラファエル・ホルツハウザーが落ち着いて決めて、ベールスホットが先制。しかし、19分にヘンクがPKを得ると、ナイジェリア代表FWポール・オヌアチュが決めて同点においついた。33分にはヘンクがパスミスを突いて、オヌアチュがゴールを決めるが、ハンドにより取り消しとなり逆転ならず。

後半に入ると、49分に左サイドからフリーキックのチャンスを得たベールスホットは、ホルツハウザーのフリーキックから、フランス人DFポール・ブーダンが頭で合わせて勝ち越した。追いつきたいヘンクだったが、59分にコロンビア代表DFカルロス・クエスタが2枚目のイエローカードで退場。63分にベールスホットがPKを得ると、ホルツハウザーが決めて追加点。2点差をつけられたヘンクだったが、68分にテオ・ボンゴンダがベールスホットのDFフレデリック・フランスに肘打ちを入れてしまい一発退場。9人になったヘンクは、ボールを回しつつチャンスを伺い、76分に伊東純也がPKを獲得すると、シリル・デセルスが決めて1点差。2人少ない状況ながら、ボールを回しながら攻めたヘンクだったが、85分にショートカウンターから、途中出場のカザフスタン代表MFヤン・ヴォロゴフスキーのゴールで再び2点差。90分には途中出場の日本代表FW鈴木武蔵の切り替えしたボールを受けた、カメルーン人FWマリウス・ヌビシがきっちり決めてダメ押しの5点目。試合は5-3でベールスホットがヘンクを破り、2位に浮上した。

ベールスホットの鈴木武蔵は67分からの出場。ヘンクの伊東純也はフル出場。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?