コルトレイク、マレーシア人FWルクマン・ハキム獲得

コルトレイクは、マレーシア1部のセランゴールFCに所属する、U-23マレーシア代表FWルクマン・ハキムの獲得を発表した。契約期間は2025年夏までの5年間。

英国紙「ガーディアン」による「次世代のタレント2019」に60人のうちの1人に選出されている18歳の新星ルクマン・ハキム。昨年9月にコルトレイクのマレーシア人オーナーのヴィンセント・タン氏がコルトレイクとの契約を明言し、18歳になるまで同じくオーナーが保有するウェールズのクラブ、カーディフ・シティでの滞在する方針が報じられていた。

マレーシアのセランゴールFCに所属し、マレーシア・スーパーリーグでプレーする予定だったが、新型コロナウイルスの流行によってリーグは中断。セランゴールではプレーすることなく、コルトレイクへ移籍することになった。

ルクマン・ハキムは、ベルギーのクラブに初めて所属するマレーシア人となった。マレーシアでの期待は大きく、コルトレイクのTwitterは9000件以上リツイートされた。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?