2020-2021シーズンは18チームに変更 ワースラント・ベフェレン、OHL、ベールスホットは1部へ

ワースラント・ベフェレンの降格を取り消したベルギー・デンデルモンデのスポーツ仲裁裁判所の裁決を受けて、プロリーグ機構は2020-2021シーズンの1部リーグを、降格取り消しになったワースラント・ベフェレンに、優勝決定戦に進出しているベールスホットとOHルーヴェンを加えた18チームで開催することを決定した。

1部リーグには従来の16チームでの開幕を予定していており、2日に行われる2部の優勝決定戦で戦うベールスホットとOHルーヴェンの勝者が、2部降格になるワースラント・ベフェレンと入れ替わる予定だった。

しかし、スポーツ仲裁裁判所の裁決により、ワースラント・ベフェレンの降格は取り消しとなった裁決を受けたことと、新型コロナウイルスの再流行により2部の優勝決定戦のセカンドレグで無観客試合を強いられるOHルーヴェンの立場を考慮し、ベールスホットとOHルーヴェンの両チームの昇格を認め、今季は18チームで開催されることになった。

1部の新レギュレーションでは、1位から4位までが優勝を決めるプレーオフ1、5位から8位までがEL出場権を争うプレーオフ2に進出し、最下位のクラブは降格となる。

2部は当初は降格予定だったワースラント・ベフェレンと、2部優勝決定戦の敗者が参加する予定だったが、両チームは1部に加わるため、2チームの枠が空くことになった。その2枠には、プロライセンスを取得してた昨シーズンの3部13位のリールセ・ケンペンゾネンと、クルブ・ブルッヘU-23が参戦が決定した。

2021-2022シーズン以降のスケジュールについては、今年の秋以降のプロリーグ理事会による協議で決定する予定。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?